白い錠剤

    予防

    性病の予防方法は、まず疑わしい様子があれば性行為を...

    Readmore
    冴えない表情の男性

    検査

    性病の検査は病院の検査の他にも、保健所での検査や検...

    Readmore
    考える男性

    種類

    性病は昔からたくさんの種類があり、若いカップルを悩...

    Readmore
    ピンクの錠剤

    クラミジア

    検査の結果が陽性の場合は治療が必要になってきます。...

    Readmore
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
白い錠剤

性病の予防方法は、まず疑わしい様子があれば性行為を避けることです。
自覚症状が無い事や性病に対しての知識が無いことで感染が拡大することが多いので、その間は性行為を行わない事が求められてきます。

また、A型・B型肝炎、HIVのワクチンをあらかじめ受けておくことも予防に繋がります。
このワクチンは1回だけの注射では効果が無く、計3回の期間を開けての接種でないと意味がありません。
また年齢制限があることや、5%の方には抗体ができて効果が期待できないことも考えられます。
効果が見られた方には、長期間にわたって効果が持続します。
これらのワクチン予防は完全予約制になっています。

最も身近な予防方法のひとつは、コンドームの使用です。
避妊にもつながりますし、性病予防のために性行為には必需品になってきます。
コンドームは薬局で購入できますし、通販でも安く手軽に購入可能です。
購入が恥ずかしい場合や、何らかの理由で購入困難な場合は通販サイトで購入することができます。

性病の治療に使われる薬は、その性病に関わる治療以外の病気の症状にも併用して治療効果が見られるので自分の症状をよく理解してからの治療が望まれます。

ピンクの錠剤

検査の結果が陽性の場合は治療が必要になってきます。
その場合は抗生剤の入った投薬治療が中心になります。
現在は病院で治療薬としている処方薬と同じものが通販サイトで購入可能です。
またクラミジア感染症に関しては、たくさんの種類の治療薬が流通していて、こちらも簡単に通販で購入できます。
自分に合った治療薬を見つける事ができるので、かなり高確率で治療が可能になります。

特にクラミジアはパートナーに感染してしまう性病のひとつになります。
パートナーの為にもきちんと薬を使用して完治させる事が求められてきます。

また、クラミジアなどは症状が治まっても体内にクラミジア菌が潜んでいる場合が多いので、自分で勝手な判断しないことが求められてきます。
感染を広げない為にもパートナーと2人で一緒に検査、治療を行うことが必要です。
せっかく完治させたのに、再び同じ性病で病院や治療に時間やお金を掛けたりするのはもったいないです。
性病だけでなく、薬剤治療に必要なのは飲み続けることです。
性病の薬剤治療に必要な期間はだいたい2週間程度で、症状が治まったからといって勝手に治療を止めてしまうと返って危険です。

困った様子の女性

クラミジア感染症に効果の高い抗生剤はアジスロマイシン系やレボフロキサシン系の薬剤です。
古くから治療に使われているので副作用などの問題もあまりないので安心して使用していただけます。
アジスロマイシン系の抗生剤はクラミジア以外にも真菌などの細菌にも有効な薬になり、クラミジア患者の多くがこの治療薬を使用しているようです。
レボフロキサシン系の抗生剤はクラミジアの他にも咽頭炎、扁桃炎、気管支炎などの体の炎症に効く作用があります。
アジスロマイシン系の抗生剤での効果が薄い場合にはこちらが使用される事が多いです。
クラミジアの治療薬はたくさんの種類を購入しておいて自分に合った薬剤治療を行った方が完治する効果が高いとされています。

性病は色々な種類があり、広がり方もさまざまです。
感染方法は通常の性行為だけでなく、フェラチオやキスで感染が広がることがあります。
また、一定の潜伏期間を過ぎてから発症するので自覚症状がないので、そのまま他人と性行為を行い広がる感染を止められなくなるのが問題点になります。

通販サイトでは飲むタイプの薬剤だけでなく、外部に塗るタイプのものも販売しています。
通販を通しての購入だと、誰にも知られることなく検査を行うことができるので、大変便利です。